瞬発力No.1のED薬・レビトラが通販で買える!?   >   レビトラに副作用はある?

レビトラに副作用はある?

黒板に疑問を書く

セックスを楽しむためにレビトラを使うのだから、副作用なんてなければいいんだけど・・・と考える人は多いでしょう。
しかしレビトラは、れっきとした医薬品。有効な作用があるのだから、副作用のリスクもそれなりにあります。

せっかく薬を飲んで勃起しても、副作用のせいで行為に集中できなかったということでは残念。
副作用についての予備知識を持っておくことで、いつもとは違う体調の変化があっても落ち着いて対処できますよね。

レビトラの服用時、比較的よく現れる症状は頭痛とほてり。
どちらも、バルデナイルによる血管を拡張し、血流を促進するという作用によるものです。
頭痛が気になるときには、市販の鎮痛薬を使ってOK。症状は数時間で治まりますが、あまりにキツイときには次回から摂取量を減らしてみるか、ほかの薬に変えることも検討してみて。
ほかに、めまい、動悸、鼻づまり、視覚異常(まぶしさを感じる)なども副作用として報告されているので、心配な症状が出たときには医療機関を受診することも頭に入れておいてくださいね。

併用禁止薬をチェックしておくことも大切。

・心筋梗塞や脳梗塞などの治療薬(硝酸剤)
・HIVの治療薬(抗真菌薬)

血圧が上昇し過ぎたり、薬の血中濃度が上がり過ぎたりと、体にとって非常に危険です。
治療中の持病がある人は、担当医への相談必須です。

充実したナイトライフを叶えるためのレビトラですが、欲求優先で摂取量を増やしたり、合わない薬を使い続けて体調を崩しては本末転倒。
大人としての常識と判断のもと安全にプライオリティをおいて、安心してセックスに臨みたいですね。